注目されている中古物件

メリットだけじゃない

中古マンションでのマンション投資にはいろんなメリットがあるのです。しかし、設備の老朽化や建物の寿命が短いなどのデメリットもあります。メリットだけでなくデメリットも確認してから、購入するマンションタイプを決めるといいでしょう。

中古に注目

硬貨を積む人

新築と中古

マンション投資ですが、行う際にはマンションを購入する必要があります。購入するマンションには新築と中古の二種類あり、資金額などの条件によって購入されるマンションが異なります。中古というと資金額が少ないから購入されているイメージが持たれることがありますが、自分で価値を上げるために購入する人もいるのです。

中古物件のメリット

中古マンションのメリットですが、新築マンションよりも価格設定が低めになっているだけではありません。価格設定が低めになっていることで利回りが高く、管理状態を確認することができます。そして売却の期間が新築よりも短く、入居者が決まりやすいなどがあります。

修繕で確認

中古マンションでのマンション投資のメリットの中に、管理状態の確認ができるという項目があります。これは修繕工事の実施や修繕積立金の確認になります。これらは物件の管理には欠かせないもので、工事の実施と積立金額によって管理がしっかりできているかが把握できます。

期間が短いということ

中古マンションは売却期間が短いということですが、これは新築と比べて価格がお手頃という特徴が関係しています。価格がお手頃だと資金の準備も早めに済ませることができますし、希望条件にマッチしているものだと契約もパパッとできます。