空室を作らないために

対策を行う

紙幣

リスクについて

安定した収入、節税ができるなどの特徴からマンション投資を始めようとする人は大勢います。しかし、マンション投資を行う際にはリスクについても知っておく必要があります。マンション投資のリスクとして代表的なものには、空室があります。

入居者がいない状態

空室は文字通り、部屋が空いていることです。これは入居者がいないことを指します。入居者がいないと安定した収入を得ることができないので、空室が起きないようにしなくてはなりません。マンション投資で空室を起こさないようにするには、ポイントをおさえておくことが必要です。

対策を行う

空室を起こさないためには、ポイントをおさえて対策を行う必要があります。まず最初にやっておくことですが、投資物件の選び方です。選び方には立地条件と設備の確認があります。立地条件は学校や駅、スーパーが近いなどの条件が好まれます。設備は最近だとインターネットやオール電化が注目されています。

サービスを付ける

物件を探している人たちが借りたくなるようなサービスを付けることも、空室対策になります。上記にあるインターネット設備付き、家具家電付きなどいろんなものがあります。とくに家具家電つきは初期費用を抑えることができるので、物件を探している人には嬉しいサービスです。

見直しなど

入居条件の見直し、管理会社の変更、そして家賃の変更も空室対策です。入居条件の見直しはペット可や外国人入居可などがあります。管理会社の変更ですが、これは入居募集の活動をしっかり行っているかどうかで変更を判断するといいでしょう。そして家賃の変更は、周りにある物件より家賃が高くなっているか確認を行ってから変更するといいでしょう。